ナチュラルドッグフードの原材料や成分の口コミはどう?危険性は?

ナチュラルドッグフード
ナチュラルドッグフードは動物愛護先進国のイギリスで大変な人気のドッグフードです。
そのナチュラルドッグフードの日本の愛犬家たちの口コミって気になりますよね。

特に原材料や成分は愛犬の健康維持に関わる重要な部分です。

そのため、この記事はナチュラルドッグフードの原材料や成分について解説してゆきたいと思います。

ナチュラルドッグフードの原材料・成分の口コミ


6歳のチワワを飼っています。
以前にアレルギーを発症してしまい、使っていたドッグフードに「小麦」が入っていたため、ナチュラルドッグフードに切り替えました。

しかし、買ってみて気が付いたのですが、ナチュラルドッグフードにも穀物類が含まれていたので、慌てて与えるのを中止してしまいました。

 

という口コミがありました。

確かに小麦でアレルギーを発症する場合があります。

しかし、ナチュラルドッグフードの穀物はアレルギーになりにくい穀物である「全粒大麦・全粒オーツ麦・玄米」という非常にアレルギーを発症し難い穀物で「グルテンフリー」と言われています。

また、全く穀物が含まれていないフードの場合は、消化が良くない場合があり、下痢や便秘に繋がることもあります。

ナチュラルドッグフードは食物繊維が豊富な穀物を配合することで、腸内環境を整えることに重要な役割を果たしています。

そのため、ナチュラルドッグフードに切り替えると、下痢や便秘が直ったワンちゃんが多々見受けられます。

ナチュラルドッグフードの原材料


ナチュラルドッグフードの原材料はメインにイギリス産の「生ラム肉」を使用しています。

ラム肉は肉類の中でも最もアレルギーが発症し難い肉とされていますので、もしアレルギー対策を考えているのであれば、検討してみると良いと思います。

また、一般的には30%含めば良いフードとされている肉類が、なんとラム肉を55%も含有しており、最高品質のフードと言って良いでしょう。

その他、上記説明の通り体に良い穀物の

  • 全粒大麦
  • 全粒オーツ麦
  • 玄米

を配合していますので、愛犬の腸内の調子を整えて、ウンチの状態を最高まで高めてくれます。

また、ナチュラルドッグフードのは天然のハーブを配合しています。
このハーブによって、人口の保存料を使用することなく、フードの酸化を防ぎ、新産な状態を保つことを可能にしています。

ナチュラルドッグフードの保存方法は?

ナチュラルドッグフードの保存は、保存料を使用せず「天然のバーブ」を利用して新鮮な状態を保つようにしています。
しかし保存方法が悪いと、いくらハーブの力をもってしても品質を保つことが出来ません。

推奨の保存方法は以下の通りです。

  • フードが空気に触れないように密閉する
  • 高温多湿を避ける
  • 直射日光を避ける

キッチンの収納場所やクローゼットなどがお勧めです。

ナチュラルドッグフードのカロリーについて

ナチュラルドッグフードのカロリーは一般のドッグフードと比較して若干低めになっています。

ナチュラルドッグフードのカロリー ⇒ 339kcal(100g当たり)

一般のドッグフードの平均 ⇒ 約 350kcal(100g当たり)


しかし、このレシピはイギリスのアラン氏が獣医師・栄養士・植物学士の協力を得て生み出した最高バランスの配合です。
そのため、成犬に対しては最高の健康状態を維持するように作られています。

また、一般の7歳以上のフードと近いカロリーでもあるため、中高年の犬に対しては最高のマッチです。

ただし、注意したいのは、ナチュラルドッグフードはメーカー指定のの対象年齢が7か月以上となっています。

つまり成長期である若い子犬の場合は、もう少しカロリーの豊富なフードを使用したほうが適当です。

7歳未満の成長期にお勧めのフードはこちら↓

カナガン

カナガンドッグフード361kcal(100g当たり)

なお、ナチュラルドッグフードは脂肪分が低く抑えられているので、無駄な贅肉が付きにくくダイエットを考えている愛犬にはお勧めとなっています。

ナチュラルドッグフードの給餌量

ナチュラルドッグフードの給餌量は一般の市販ドッグフードと比較すると半分から2/3程度になります。

それだけ栄養価も高いので給餌量が少なめになっているのですが、その影響で以降の際に、犬が少なすぎて満足できなくなることがあります。

それを防止するために、ゆっくり食べられるように「早食い防止皿」をお勧めします。


これを使用することで、ゆっくり食べられて噛む時間も長引くので、消化が良く、体にも優しくなります。

特にフードの移行の際は、この「早食い防止皿」を使うと丸のみを防ぎ、吐いたり下痢をしていたワンちゃんの体調が良くなった事例が多々あります。

ナチュラルドッグフードの給餌量(給与量)は?肥満対策と注意点
ナチュラルドッグフードはドッグフード発祥の地であるイギリスで大変な人気のドッグフードです。 そのナチュラルドッグフードへのフード切り替えの要望が日本でも日に日に高まっているようです。 そんな中にナチュラルドッグフードで肥満になる という噂レベルの口コミに目が留まってしまいました。 おそらくそういった噂に惑わされてフードの切り替えをためらってしまっている方も多いのかと思います。 そこで、この記事はナチュラルドッグフードの正しい与えかたや肥満になる原因と対策を解説してゆきたいと思います。 ナチュラルドッグフードの正しい給餌量(給与量) ナチュラルドッグフードは100g当たりのカロリーは339kcalと平均的なドッグフードの値とくらべ若干低めなのです。 それは、ナチュラルドッグフードの主原料が生ラム肉55%だからなのです。 生ラム肉はカロリーが若...

ナチュラルドッグフードの原材料や成分の口コミまとめ

ナチュラルドッグフードの特長

  • アレルギーの発症の可能性が低い生ラム肉を55%使用
  • 消化を助ける良質の厳選された穀物を使用
  • 天然ハーブを使用して保存料の代わりをしている
  • 保存は密閉して高温多湿と直射日光を避ける
  • 少ない量でも十分な栄養補給が可能

このように愛犬の健康を最高の状態に保つよう作られているドッグフードなのです。
愛犬の食事は原稿を第一に考えたいですよね。

もっと詳しくナチュラルドッグフードのことを知りたい場合は

ナチュラルドッグフードの口コミのサイトをご確認ください。

不安な部分が全て解消することでしょう。