アランズナチュラルドッグフード ラムとアレルギー対策を解説

ナチュラルドッグフード
ナチュラルドッグフードはイギリスで生産されるプレミアムドッグフードです。

輸入品とはいえ、動物愛護の国「イギリス」製なので、品質基準は日本より上なのです。

つまり世界で見ても、最高水準のドッグフードと言って良いでしょう。

そんなナチュラルドッグフードをアレルギーの犬が食べたらどうなるのでしょう?

愛犬の食事っていつでも良いものを上げたいし、アレルギーだったら気になるところですよね。

今回はアレルギー対策とナチュラルドッグフードの適用について詳しく見て行きましょう。

アランズナチュラルドッグフードとアレルギーの関係

小麦食物アレルギーは以下の5つのアレルギー物質が主だと言われています。

  • 小麦
  • とうもろこし
  • 大豆
  • 乳製品

市販の安価なドッグフードは、低価格で量の多いことが重視されるため、安価に入手できる「小麦・とうもろこし」を主成分としていることが少なくありません。

また、犬によっては「牛や鶏」もアレルギーになりことがあります。

ナチュラルドッグフードの成分とアレルギー物質

ラム肉ナチュラルドッグフードの主成分は肉類の中でも最もアレルギーになり難い「生ラム肉」を使用しています。

穀物にもアレルギーになる原材料は含まれておらず、アレルギーになりやすい「牛や鶏肉」も含まれていないのです。

つまり、ナチュラルドッグフードはアレルギー対策にもってこいのドッグフードと言って良いでしょう。

100%無添加のナチュラルドッグフード

シニア犬食事市販のドッグフードは品質の低い肉副産物や4Dミート、穀物の副産物を主原料としていることが多いです。

肉の副産物とは人間用に加工された家畜の捨てる部位(頭・内臓・羽・爪・骨)のことです。

4Dミートは死んだり病気になった家畜、死にかけた家畜など人間の食材にならないものを指します。

穀物の副産物はとうもろこしの外皮や胚芽部分、小麦のぬかなど、食品用に加工した際に出る捨てる部分を粉末にした家畜の餌などです。

しかしこれらは、肉食の犬には消化が苦手でありアレルギーの原因になります。

しかしながら、ナチュラルドッグフードは100%無添加素材のみで作られています。

そのためもちろん肉の副産物や4Dミート、着色料、香料、保存料も含みません。

ナチュラルドッグフードは新鮮な食材を人間が食べられる品質で作られたドッグフードなのです。

ナチュラルドッグフードとアレルギーのまとめ

ナチュラルドッグフードナチュラルドッグフードはアレルギーになり難い生ラム肉55%を使用

アレルギー源になり易い穀物を一切使用していない。

悪影響のある人口添加物、保存料、着色料、香料を未使用。

そのためアレルギーのある、またはアレルギーの心配な愛犬にピッタリなドッグフードなのです。

 

ナチュラルドッグフードの口コミについて詳しくはこちら
ナチュラルドッグフードの口コミ